10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

CHIRALITY

chirality(掌性) 左右の手のように、形は似ているが重ならない性質。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

絶望の彼方へ 

recipe最終講評でした。
大好きで尊敬してる先生に講評していただけるのは嬉しいけど、
自分の作品が不甲斐なさ過ぎて申し訳ない気持ちが…

03_convert_20120913000612.jpg
(一眼使いこなせない…)

今までに無い角度からのアドバイスがいただけて新鮮でした。
他の人の講評も自分の講評も。

〈memo〉
・明度のダイヤグラム…深さを変えた方が良かった?
・変化の標本…額が明度の差を見えにくくしている
・実物も変化の方と一緒に並べたらどうか
・変化は本にしてみると良いかも(ページ繰り=時間の経過)
・ダイヤグラムのドットは工夫の余地有り
・三次元のダイヤグラム形式は良い
・テーマの捉え方や進め方は良い(?)
・全体的に…もう少し進められたかな

他の人のを見ていた限り、特別甘い講評をしているわけではなさそうなので
これが先生方の正直な意見に近いのだろうと思います。
なんだろう、自分で自分を追い詰め過ぎてるのかな…
でも私は今もこの作品を最悪だと思ってる。
というか最悪だって言って欲しかった、のかもしれないです。
複雑な気持ちです。

反省点は多々あります。
これを次に活かさないと12月にまた泣くことになる。

終わった後で植生の課題の途中経過も見ていただきました。
色々と注意とアドバイスをしていただいた。
課題は振り出しに戻りましたが嬉しかったです。
不思議。

それからしで三年の課題展示へ…
去年はU野さんの作品にラブレターを書いたんだけど
今年は…ラブレターレベルはいなかったかな…
でも一つだけ好きな作品がありました。
簡単なんだけど読みたいと思わせるディスプレイで素敵だった。
箔押し、自分でやったように見えたんだけど気のせいかな…


その後は少しだけゼミに行きました。
先週参加しなかった分、若干話についていけない感が…笑
あの雰囲気が久し振りで楽しかった。
芸祭関係のことはこれからが辛そう…乗り越えましょう。



明日は(一限)、必修、必修。
その後展示の搬出及び提出で、帰宅後は生徒会の飲み会。
体力はもつのか…?




また、あした。




小林先生に似てるかもしれないと思った。
重ねてしまうのは悪い癖。
スポンサーサイト

Posted on 2012/09/12 Wed. 23:33 [edit]

category: study

TB: 0    CM: 0

12

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hibiyayoutien.blog29.fc2.com/tb.php/883-f5457d86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。