09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

CHIRALITY

chirality(掌性) 左右の手のように、形は似ているが重ならない性質。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

一緒にボロボロになろう 

(今日の早朝までの記事は昨日の日付で投稿してあります!)

土砂降りだったけど作品は全部無事でした。
展示室が開く前に到着(一番乗り)。

急いでパネル貼って、台を設置して、
作品とか置いてみて、全体を見て位置とか調整して、完成。
間に合ってよかった。
まあ時間は余裕あったけど当日の講評直前ですからね!
あぶないあぶない!

作品名は、痕跡図鑑。
本の魅力とは何か?というところから始まって、
テキストは当然だが本のかたちにも魅力はあるのではないか、
では本というかたちの特徴である「書き込みができる」という点に注目したらどうか、
書き込みだけでなく本に残された「痕跡」すべてまとめて楽しむことはできないか…
という感じで調査と研究を行ってきた結果です。
痕跡の分類と、集めた痕跡を読み解いた説明が載った本です。
痕跡はできるだけ「再現」してあります。
展示場には痕跡が残された本の実物も置いてあります。

講評は、意外と辛口でした。
泣いた友達も何人かいました。
でも今回私には自信がありました。
ちゃんと本音で先生と面接を重ねて、絶対自分に嘘をつかないようにしてきたから。
今までの課題とは全然違う充実感があったから。
初めて課題で作った作品を本当に好きになれたから。

プレゼンでは言いたいことが多すぎて空回りしてしまい
言い忘れたこととか上手く説明できなかったこととかありまくりで自己嫌悪ですが
評価は良かったです、面白いねよくやったねって感じでした。
良いと言われて楽しんで貰えたから良いは良いんですけど…
真剣にやったからこそ、もっと深いところまで突っ込んで欲しかったな、と。
仕方なく妥協してしまったところも多々あるからそこは指摘されたかった。
…短い講評の中でそれを求めるのは贅沢かな。

本当に、色んなことを考えさせてくれた素敵な課題でした。
これで終わってしまうのが悲しい。
いや、私は終わらないんだった。
これから修正とか追加とかを重ねて
後期中にバージョンアップさせるのが目標。
そうしたらまた先生に見てもらいたい。


あ、今日は荷物多くてカメラ持って行けなかったので写真はまた今度。
来週前半に撮りに行くと思うのでまた載せますね。
FBとかにもupするかも。



明日は久し振りにバイト。
おやすみ。




また、あした。
スポンサーサイト

Posted on 2013/09/05 Thu. 23:33 [edit]

category: ダイアリー 10/03/19

TB: 0    CM: 0

05

コメント

Comment
list

コメントの投稿

Secret

Comment
form

トラックバック

トラックバックURL
→http://hibiyayoutien.blog29.fc2.com/tb.php/1086-13376380
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Trackback
list

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。