10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.» 12

CHIRALITY

chirality(掌性) 左右の手のように、形は似ているが重ならない性質。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

TB: --    CM: --

--

蝶が死んだ日 

先輩がいなくなってしまう。


金曜の帰り、どうしても二人で話したくて

残業申請をしていないのをチェックしてから本棚の前で時間を潰していた。

他の人たちが帰るのを二、三人見送ったところで、先輩は来た。

彼は素通りせずに立ち止まってくれたので

そこにあった本について少し言葉を交わした。

猫はあまり好きではない、という話をしていた。

不自然にならないように少し後ろからついて行った。

珍しく待たずに横断歩道を渡って少し歩いたところで

来週、発表があると思うけど 俺、来月で会社辞めます

と言った。

前に話をしたときに、仕事が辛いと笑いながら言っていた。

その笑顔がなんとなく痛々しかったから

きっと、いつかいなくなってしまうんだろうと思っていたけど

こんなに早いなんて思わなかったよ。

本の話ができるひと。

私が作った本を好きだと言ってくれたひと。

私に青い本をくれたひと。

毎朝笑顔で挨拶してくれるひと。

もっと、一緒に仕事をしたかった。

たくさんのことを教えてくれて、それが嬉しかったから

いつか恩返しをしたかった、のに。

わたしまだ何も返せていないのに。

話したいこともたくさんあったのに。

優しい言葉と本だけを残して行ってしまうなんてずるいよ。


忘れたくても忘れられない。




また、あした。
スポンサーサイト

Posted on 2015/08/30 Sun. 00:48 [edit]

category: ダイアリー 10/03/19

TB: 0    CM: 0

30

言霊 

探し物をしていたら昔色々な人にもらった手紙を集めた箱が目に入ったので
取り出して幾つかを読んでみました

自分はたくさんの人たちに好かれているようでした
生まれてきてくれてありがとうと書いてあるものも何通かありました

自分とは何者なのかわからなくなりました

しっかりしている、頼れる人だと言われる私と
何もしようとしないクズだと言われる私と
色んな人に好きだと言ってもらえる私と
テロリストだ、死神だ、出て行けと言われる私と

同一人物だとはとても思えないのです



また、あした。

Posted on 2014/05/09 Fri. 18:30 [edit]

category: ダイアリー 10/03/19

TB: 0    CM: 0

09

calling you 

今日、図書館に行って思ったんですけど
やっぱり好きなことに理由なんて無いなって
私は本が好きで、本に関わっていたい
本という物体の近くに身を置いていたい
電子化で出版業界が危ないから活性化させたいなんて建前で
ただ好きだから近くに居たいだけだと
すごく思いました
並んだ背に手を這わせて泣きました

これはきっと人でも同じなんだろうな
理由なんて必要無いし存在もしないんだろうな



また、あした。

Posted on 2014/03/14 Fri. 23:10 [edit]

category: ダイアリー 10/03/19

TB: 0    CM: 0

14

肩口 

ここまできてるのになかなか素直に喜べない自分に何より腹が立ちますね。
そして切り替えが下手すぎて危ない。
もっと器用にならなければ。

この前、ついに後輩くんにまで体調を心配されてしまいましたけど私は大丈夫です。
多分今ここ数年で一番(精神的に)健康です。
そして薦めた本のタイトル間違えました。
正しくは「熊の場所」です。

周りが焦らせてくるからシュウカツやってたけど
友達とか先生とかと話してたら
私はそんなに焦って企業受けなくてもいいような気がしてきました。
というか気付かないうちに妥協していたらしいことがわかりました。
諦めるのが早すぎるのは良くない。
もうすこしやりたいことのために頑張って、それからでもきっと遅くない。

あとは続くことを願うだけ。祈るだけ。頑張るだけ。



また、あした。

Posted on 2014/02/02 Sun. 22:16 [edit]

category: ダイアリー 10/03/19

TB: 0    CM: 0

02

ai 

先日、とても素敵な人に逢いました

知らない人で
たぶん向こうも私を知らなくて

会ったらもしかしたら悪いことが起こるかもしれないっていう
世間一般の常識に照らし合わされた警告がどこかで聞こえてたけど
起きたら起きたで別に構わないと思って会いに行きました

殺されてもいいやと思って会いに行きました

その予感はきっと半分くらい当たってた
安定した人ではないと、会って思った

でもとても惹かれた

某物語に出てくる邂逅みたいな
コートの裏にはたくさんナイフが仕込まれてるみたいな

そうやって仄暗い方向に引き摺られていくことに
憧れてたんだ



また、あした。

Posted on 2013/12/24 Tue. 01:53 [edit]

category: ダイアリー 10/03/19

TB: 0    CM: 0

24

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。